借り換えるタイミングについて

住宅ローンを組んだ人のほとんどは、住宅ローンの支払いが終わるまで住宅ローンが生活費の中で一番のウエイトを占めることになると思います。住宅ローンは、他にはない長期ローンのため、金利が1パーセントでも違えばトータルでかなりの金額の違いがあり、住宅ローンを組む金額や期間にもよりますが、毎月の支払額でも数千円以上の差が出てきます。
超低金利の今、金利が高い時代に住宅ローンを組んだ人が住宅ローンの借り換えをすれば確実に総支払額も月々の返済額も減らせることになりますが、住宅ローンの借り換えをするにはいろいろな手続きが必要になるため、それが面倒で住宅ローンの借り換えをしなかったり、住宅ローンの借り換えのお得さを知らないまま、金利の高い住宅ローンを組み続けている人も多いのが事実です。
住宅ローンの借り換えをするタイミングは、金利の高い住宅ローンを組み続けている人は今すぐにでも検討することがおすすめになり、短期から長期の固定金利で現在の住宅ローンを組んでいる人は、固定金利の期間が終了すると、通常の金利が適用されるため、固定金利が終了する前に住宅ローンの借り換えを行うようにして下さい。この場合注意しなければいけないのが、固定金利終了時に借り換えを行うと損をしてしまうケースもあるので、早めにタイミングをみて借り換えを行うようにして下さい。

そのほかのメニュー

ページ上部に戻る