借り換えが必要な人とは

住宅ローンは公庫の他にもほとんどの金融機関で組めるようになっていて、住宅ローンはそれぞれの金融機関によって様々なタイプの商品や、住宅ローンの返済方法があります。ここでは具体的にどんな住宅ローンを組んでいる人が住宅ローンの借り換えをしたらいいのかを説明したいと思います。
前にも説明した通りに、3年や5年などの短期固定金利を組んでいる場合は、その適用期間が過ぎてしまうと金利が大幅に上がってしまうため、適用期間が過ぎる前に住宅ローンの借り換えを行うようにして下さい。その他にも現在ステップ返済やゆとり返済を利用している人も、最初の5年間は月々少ない額で返済できていますが、6年目以降は一気に月々の返済額が増えてしまうことになるので、6年目に入る前に住宅ローンの借り換えを行うことをおすすめします。
最初から固定金利で住宅ローンを組んでいる人は、それよりも低い金利のものを選ぶことで金利差分を節約することができるようになります。そして変動金利で住宅ローンを組んでいる場合で現在はある程度低い金利となっていても、現在のような超低金利がこの先続くとは限らないので、今の内に固定金利のものに借り換えることもおすすめとなります。

そのほかのメニュー

ページ上部に戻る