借り換えにかかる費用

住宅ローンの借り換えをすると、現在組んでいる住宅ローンよりも総支払額を減らすことができるという大きなメリットがありますが、住宅ローンの借り換えをする場合は、住宅ローンを組む時と同じようにいろいろな諸費用がかかるので、現在残っている住宅ローンの残高や、借り換えする住宅ローンと今の住宅ローンの金利差によっては、それほどお得にならなかったり、場合によっては損をしてしまうこともあるので、住宅ローンの借り換えを行う時には、実際にどれくらいの費用がかかるのかをきちんと試算して、絶対に損のないようにしなければ意味のないことになってしまいます。
住宅ローンの借り換えにかかる費用には、まずは契約証に必要な印紙代が必要になります。印紙代は借入額によって異なり、1000万円から5000万円までは2万円、5000万円から1億円以下で6万円と定められています。その他に事務手数料がかかり、金融機関によっては事務手数料を無料にしているところもありますが、3万円から5万円程度かかる場合が多くなります。その他保証料が必要になりますが、保証料は1000万円の借入に付き10万円から30万円かかるケースもあるので、大きな負担となります。その他に必ずかかる費用には抵当権抹消費用があり、抹消費用は1000円から2000円程度で、登記費用は借入額の0.1パーセント程度となります。その他に司法書士に支払う報酬と印紙代が必要となり、司法書士への報酬の相場は12000円から15000円程度となっています。

そのほかのメニュー

ページ上部に戻る